岩沙 第二回(IE)
東京ゲームショウに向けて、大忙しの岩沙です。

ゲームショウの事は当日の楽しみにして頂くとして、
今回は、サウンド関係について語ろうと思います。

もうご存じの方も多いかもしれませんが、
楽曲のプロデュースを担当されるのは、
プロキオンスタジオ社の光田康典氏です。

携帯ゲーム機の音質は家庭用ゲーム機等に比べるとハード的な制約も多く
お世辞にも良いとは言い切れません。
しかし、今回楽曲を光田氏にお願いするのであれば、
氏の手がける壮大な楽曲の数々を高音質で皆様に体験して頂こうと、
各スタッフの技術的な対応により、サウンドにはかなりの容量を割り当てています。

最初のサウンド打ち合わせの時には、
光田氏曰く、
「これだけ容量あれば、かなりの質が良い曲が書ける!
 本当にそれだけ使用して良いのですか?」
と逆に光田氏がビックリしならが目が輝いてたのが印象的でした。

そういった経緯もあり、携帯機では適当になりがちなサウンドにも、
妥協せずに力を注いでますので、ヘッドフォンを常用して、
是非、ユーザーの皆様にも『ルミナスアーク』の世界に浸ってください!!
[PR]
by luminousarc | 2006-09-11 13:00
<< 光田氏からのご挨拶 中野 第二回(MMV) >>
© Marvelous Interactive Inc.