水谷 第三回(MMV)
ゲームショウが迫ってまいりました。
今週あたりから、終了までは長い山場となりそうです。

今回は戦闘システムを構築する上でのテンポの話です。
ゲームにはそのシステムごとに、リズムやテンポがあります。
派手な演出、心地よいビジュアル表現も、テンポを崩すようでは
バランスが折り合えません。
特に戦闘は繰り返し反復するもの。
今回は携帯機という属性も考えつつ
”心地よいテンポを生み出しつつ、燃える戦闘演出を”を目指しています。
テンポなどは、なかなかお伝えしにくいファクターではありますが
HPなどでなるべく情報が補完できるようにと考えております。

弊社のゲームショウ特設ページでもルミナス関連で自分のブログが出ますので
そちらもよろしくお願いします。
[PR]
by luminousarc | 2006-09-13 13:00
<< 高島 第三回(MMV) 光田氏からのご挨拶 >>
© Marvelous Interactive Inc.